IPOラッシュが始まる。申し込み忘れに注意しましょう!

IPO

12月はIPOラッシュ

今年はIPOが堅調です。
初値が公開価格を上回る例が殆どとなっており、注目度も高まっています。
尤も、なかなか当たらず今年は今のところ1件のみ当選です。
但し、初値が公開価格のほぼ2倍となったマネーフォワードだったので良しとします。

そうした中で来月12月も多くのIPOが予定されており、同時進行でスケジュールが混みあっている状況です。
大型案件では佐川急便で有名なSGホールディングス、その他にも小型・中型など様々な案件が目白押しで、現在判明しているだけでも20件以上となっています。

IPOの申し込み忘れなどに注意

このように同時進行的に多くのIPOがスケジューリングされている場合、重要なことは期日管理と資金管理です。

期日管理

私の場合は案件により最優先で申込するもの、とりあえず申込するもの、申込しないもの、など1件1件分けた後、忘れないようにスマホアプリのジョルテに入力、毎日必ず見るマーケットカレンダーにも書き出しています。

更にはそれでも忘れたことがあるので、Excelで作成したIPO期日管理表で案件ごと、期日ごとに申込期限日・抽選日・購入申込期限日を一覧でわかるようにして管理しています。

資金管理

殆どの証券会社ではIPO申込の際に前受け金制度を導入しているので、申込時に応募する分の資金が必要になります。
同一案件に複数の証券会社から申し込むので、結構な金額になります。
更に、同時進行で多くの案件がある場合は口座に置いておく資金がその分多くなるので、銀行口座から事前に多めに移しておく必要があります。

幸い現在はリアルタイム入金ができる証券会社が多く、ネット銀行からも資金シフトし易いのですが、SMBC日興証券のようにメガバンク以外はJNB・ゆうちょしか対応していないところもあるので注意が必要です。
私の場合はネット銀行の振込無料回数が超えていると、証券会社やFX会社などを複数通して最終的にSMBC日興証券に移すことになります(面倒)…

当選して儲かるといいな!

スポンサーリンク