無償AIツールでも株式トレード用システムを運用するには金がかかる

GPUCPU

ソニーのNeural Network Console

私は9月から、ソニーが無償公開したAIツールのNeural Network Consoleを用いてシステムトレード用システムを設計・運用しています。
こんな使えるツールを無償公開してくれるとは、ソニーよ本当にありがとう!

スキルがあれば本当にいろいろなことをできるようですが、私にはハードルが高過ぎて到底無理です…
但し、ツールのサンプルデータだけでも手書き文字を認識するプロジェクトを試せるので面白いですよ。
このAIツールを全面特集した雑誌も見つけたので、興味のある方は参考にしてみてください。

ハイパワーのCPU、GPUが必須

本格的ディープラーニングには要GPU・CPUパワー

このAIツールでは、データセットを読み込ませた後のディープラーニングなどを行う過程でかなりの計算をするため、PCへの負荷が大きくなります。
具体的には、GPU(グラフィックボード)とCPUに大きな負荷がかかります。

GPUに関しては、ここ数年で発売されたNVIDIAの製品を別途搭載していると、CUDAという機能を使い計算が速くなります。
別途GPUを搭載していない場合は、よりCPUに負荷がかかります。

私のPCはGPUが5年以上前のローエンドモデルのためCUDAが使えず、学習にとても時間がかかる状態でした。
また、CPUは格安のPemtiumDualCoreのため元々貧弱です…

高性能GPU・CPUに買い替え

そこで、思い切ってGPUとCPUを買い替えました。
GPUはGTX1050Ti、CPUはCorei5です。
併せて4万円近くになりました…

効果はというと、流石に速くなりましたが4万円分の価値があるかと言われれば???。
それでも、毎日大引け後にAIツールで膨大な学習・検証を行い、場中もトレード用データで頻繁に検証させることを考えれば今の私には必要不可欠です。
5分後の予想値を計算させるのに、10分かかったら意味がないので…
趣味の範疇なら不要かもしれませんが…

読み込ませるデータセットにxlsx形式は不可

ちなみに、私は分析用データは基本的に5分足の4本値を利用しています。
松井証券の取引ツールでチャートを表示し、チャート内で右クリックします。
すると、一番下に「CSV形式で出力」が表示されるので、クリックすることでデータを得られます。
他社のツールでもスプリント系なら取得できます。

あとは、これをNeural Network Consoleが読み込める行列式にし、更にファイル形式も変換するとDataSetになります。
xlsx形式で読み込んでくれると楽なのですけど。
元がPythonなので難しいのでしょうか。

この4万円の投資が実を結ぶかはトレードの成績次第なのは言うまでもありません…

スポンサーリンク