くつろげる宿の宿泊料金が上昇傾向の気がして辛い

旅館

温泉旅行が好き

私は温泉が大好き。
温泉宿に泊まり、まったりとくつろぐことが大好きです。
年に数回そういった宿に宿泊することを励みに日々頑張っています。

当ブログタイトルにあるようにゆくゆくは温泉地リゾートに移住することが夢ですが、当面は各地の温泉宿に宿泊することが楽しみになります。

くつろげる温泉宿の宿泊料金が上昇傾向

元々、客室数が数百もあるようなホテルは好きになれず、多くても50~60くらいまでの旅館やペンションを利用しています。
大きなホテルは団体客が多く、騒がしい傾向にあるからです。

時としてそういったところにも泊まりますが、最近は外国からの観光客が多いからでしょうか。
所かまわず大声で叫んだり、大浴場でのマナー違反やバイキングでの大量の食べ残しなどに遭遇することも多く更に足が遠のきます…
そういった人たちばかりではないのでしょうけど…

尤も、大量の客室とバイキングでの食事提供により、リーズナブルに温泉施設に宿泊できることも事実です。
但し、そうなると余計に外国人観光客が増え、前記のようにくつろげなくなる可能性が高まります…

そういった事態を避けるためにこじんまりとした宿に泊まろうとすると、以前は休前日に15,000円程で泊れたところも多かったものの、最近は探すのに苦労します。
数年前の15,000円が20,000円になったイメージでしょうか…
20,000円を超えると、以前なら時として露天風呂付客室に泊れたこともあったのに…

もちろん、外国人観光客が増え日本にお金を落としてくれることは日本の景気にプラスです。
しかし、限りある施設・人的資源の下ではレジャーに必要なお金も確実に増加します。

悩ましい…