銀行員大受難時代が到来~かつては高給で誰もがうらやむ職業だったけど

layoffs

大手銀行の人員削減計画が相次ぐ

従来は人が行ってきた業務をAIが侵食し始めています。

人間が2時間かける融資の与信判断をAIなら1秒以内の衝撃
人間が2時間かけて行ってきたリースの与信判断をAIは1秒以内に完了してしまうなど、AIの進歩と人間が行ってきた仕事への進出が止まらない。今後人間はAIが苦手な分野で力を発揮するしかないが、教師無し学習の進歩によるルールを超えた進化には恐怖を感じる。

また、同じく10/28の各紙夕刊一面には、メガバンクの一角であるみずほFGが大規模な人員削減を計画している記事が掲載されました。

そして、10/29日経新聞朝刊総合面には、

メガ銀大リストラ時代

と題し、3大メガバンクによるリストラ計画が掲載されました。
内容は、

みずほFG 今後10年でグループ人員の3分の1近い19,000人を削減
三菱UFJFG 今後5年で9,500人分の業務量削減(削減された分の人員はどこへ?)
三井住友FG 今後3年で4,000人分の業務量削減(削減された分の人員はどこへ?)

です。
今朝の読売新聞朝刊にも三菱UFJFGの記事が掲載されています。

人員削減の詳細

人員削減に追い込まれる理由

単純に儲からなくなったからです。
そもそも人口減時代に突入したことに加え、日銀による異次元緩和政策とその一環であるマイナス金利政策による預貸金利鞘の縮小、債券関連収益の減少です。
決定的なのは、イールドカーブ(利回り曲線)が平たんになり長短金利差を得られなくなったためです。

記事にもありましたが、メガバンクは国内業務の減益を海外業務の増益で賄っており、それを反映するように海外での貸出が高い伸びを示しています。
一方で、海外業務に頼れない地域金融機関の収益構造は絶望的です…
要は、銀行は構造的不況業種になったのです。

人員削減方法

過去大量に採用したバブル世代が今後10年で減少していくため、みずほFGでは減少分を補充しないことや採用抑制であたるようですが、それでもバブル世代は19,000人もいません。
若い世代でもグループ外に出される人が多くなるかもしれませんし、大量の希望退職募集に踏み込むのかもしれません…

かつては就職先人気ランキングで上位を独占するなど、安定した業績と高額な給料で人気だった銀行業界は、より厳しい経営環境に置かれていくのでしょう。