人間が2時間かける融資の与信判断をAIなら1秒以内の衝撃

AI

AIが人間の仕事の範疇に進出

AIが確実に人間の仕事を担っていく

AIの急速な進化により、従来人間が行ってきた仕事の一部を侵食しつつあります。
巷の雑誌などでも、
「AIにとってかわられる仕事」
「AIに仕事を奪われる」
といった記事が度々掲載されます。

漠然としたイメージなら湧くという方も、数字に表れると急に現実味を増すと思います。
10/26付日経新聞朝刊に

金融事務 AIが助っ人

と題した記事が掲載されました。

リコーリースでは、少額なリース案件の与信判断をAIに置き換えるとのことです。
衝撃的なのは、

これまで人間が1件につき2時間かけて行ってきた与信判断を、AIは1秒以内に行う

という記事です。

浮いた人的資源は高額案件の与信判断や営業に回すとのことですが、AIが人間にとって代わることに違いはありません。

AIの進歩

これまでの機械・コンピューターは、決められたルールの範疇を超えることはありませんでした。

しかし、AIは独自に進化します。
例えば、私がトレードに利用しているソニーのAIツールNeural Network Console(NNC)です。
データ処理を行う際の関数やその種類、数、順番、更にはそれぞれのデータへの重み付けなどを変化させながら、より正解に近づくようAI自身が独自に改良を続けます。

このNNCに関する特集記事が掲載された雑誌を見つけました。

前記AIツールでは分析に使う関数、処理するデータは既知のものを使いますが、その内に新しい関数などを独自に作り出すのかもしれません。
また、いわゆる「教師なし学習」「深層学習」を重ねると、これまでの枠を飛び出し独自に進化します。

AI時代の働き方

AIが進出してくる分野では人間の勝ち目はほぼありません。
しかし、AIが苦手な分野で力を発揮すればいいのです。
機械・コンピューターが発達しても、人間はそれを利用して生産性を高めてきたのですから。

但し、人間が与えたルールを飛び出すと危険な匂いもします。
ターミネーター2に登場したスカイネットのように…