65歳定年制がいよいよ現実になりなかなかリタイア出来ない時代

定年というゴール

生活費を得るには働くことが第一で、その手段としてサラリーマンとなるケースが大半でしょう。
そして、そのサラリーマンとしてのある種卒業が定年です。

65歳定年制が始まる

しかし、その定年時期の後ずれがいよいよ現実のものとなります。
今朝の日経新聞朝刊一面にはでかでかと

公務員定年 65歳に

と題し、公務員の定年時期後ずれを政府が検討している旨の記事を掲載しています。
2019年度からの段階的な引き上げ開始を軸に調整中とのことで、公務員で先行的に実施したうえ、民間にも追随させようとしています。

定年時期の先延ばしをする理由は、公的年金支給時期の更なる引き上げをするためでしょう。
表向きは、現在の定年の60歳と公的年金支給開始時期の65歳の隙間を埋めるというものですが…

1億総活躍社会の意味

1億総活躍社会とは、「日本人全員が生きている限り働く社会」のことです。
65歳になったら、70歳になったら年金を貰って隠居するのではなく、まだまだ働いて税金・社会保険料を支払い社会の支え手になれという政策です…
長年突っ走って働いて、よれよれになりようやく定年というゴールが見えてきたら、そのゴールを更に先に持っていかれるようなものです。

こういった流れから少しでも早く抜け出し隠居生活というか、セミリタイア生活をするため何とか早く資産を積み上げていくしかありません…

スポンサーリンク