上場企業主催の社葬・お別れの会は株主にとって不要でありお金の無駄遣い

老人

会社がOBの面倒を見続ける愚

毎日のように掲載される社葬案内広告

新聞の社会面下端を見ると、毎日のように掲載されているものがあります。

「企業の(元)相談役、(元)顧問の方の社葬、お別れの会実施」の広告です。

葬儀委員長は現在の社長や会長など。
場所はホテルや大きな斎場など。

送り出される方たちは、現役を退いてどのくらい経っているのでしょう?
会社、それも他人資本が入っている上場企業が、OBのお別れ会などやる必要があるのでしょうかね?
非上場企業の(元)オーナーならわかります。
一族が株主ですし(元)オーナーが会社そのものですから。

現役を退けば会社が面倒みる必要はない

しかし、上場企業は仲良しクラブではありません。
会社の経費を使ってお別れ会などやる必要はありません。
そのお金は株主のものであって、本来は配当や投資に充当するものです。
現役時代の功績に報いるなら、役員報酬・役員退職慰労金で報いればいいはずです。

結局は、ここでも顧問制度・相談役制度に行きつくのでしょう。
元社長などの有力OBに肩書を与え、経費を使い、一生というか他界後も面倒を見るという…
下記投稿でも紹介しています。

 企業に相談役・顧問は不要 企業で不要なモノの筆頭は相談役と顧問 不要なものが溢れる世の中ですが、投資家の立場から不要番付上位にくるものとして相談役・顧問があります。 そうした中、株主総会が...

幸いにして、最近は顧問・相談役制度を見直そうという機運が高まっています。
現役の社員・役員たちは、顧問・相談役制度など無くしてしまいたいはずです。

脱会社人間のススメ

役員を退いても現役社長たちを「○○君」などと呼び、元部下を小間使いのようにする時代は終わりました(カッコ悪いですよ!)。
会社員・役員を辞めたら何も残っていない、何もすることがない、何をしていいのかわからない、話す・遊ぶ相手がいない、などという寂しいリタイア後の人生を送ることがないよう、現役時代を過ごしてみたらどうでしょう。

ちょっと気が向いた時にでも会社が関与しないOB会に参加すればいいでしょう。
現役の社員・役員に迷惑をかけることが無いように。

そういえば、潰れかけている東芝には一体何人の(元)(名誉)顧問がいるのでしょうか?
こういう非常事態下でも全廃できなければ、もう再生は無理でしょう…

スポンサーリンク

シェアする