iphoneの修理は相対的に信頼感のある総務省登録業者がいい

iphoneの修理

iphoneはバッテリー交換で快適になる

iphone買い替えは先延ばし

8/11付iphone6でデータが全部消えてことがあるでご紹介した通り、現在家族はiphone6を使い続けており、使い始めてからもうすぐ3年になります。
流石にバッテリーが弱ってきたようで、ぶいぶいと文句を言ってくるようになりました。

また、LINEトークの受信が遅延するようです。
尤も、これはiphoneの問題なのか、格安simのmineoの問題なのか、はたまたLINEの問題なのかわかりません…

当初の予定ではこの秋に出る予定の新型iphoneに買い替える予定でしたが、7/14付新型iphoneの価格は11万円超え…高過ぎる…でご紹介した通り、相当の負担です。
新型が出ると値下げされるであろうiphone7を買うことも選択肢です。
但し、それでもかなりの出費です。

う~んと考え込んでたところ、「バッテリー交換できないの?」と言われ、
それだ!
と思いました。

「iphone6はiOS11が適用されるし、OSが最新なら動作も遅くないから」との嬉しいことば。
iOSのメジャーアップデートは2年毎なので、2年間は使えそう!

 ゲオでiphoneのバッテリー交換

しかし、問題はへたったバッテリーです。
アップルストアでの修理は9,504円。
それも当日に完了するとは限りませんし、予約も相当混んでいます。

次に、ネットの広告でもよく見るようになった街の修理屋さん。
確かに安めですが、データが消えないだろうかとちょっと怖い気もします。

そこでちょっと調べると、何やら総務省に登録した修理業者というのがありました。
総務省HPの登録修理業者一覧に掲載されています。
「流石にお国に登録しているくらいなら大丈夫だろう」と勝手に思いました。
登録業者数は全国に23社。
その中でレンタル業者のゲオと、買取のじゃんぱらで有名なサードウエーブが目に留まりました。

iphone6の場合はゲオなら6,000円ほど、且つ嬉しいことに今月中にネット予約し修理すれば1,000円引き。
近いうちに予約して、秋葉原に行ってこようと思います。
勿論、ちゃんとバックアップしてから!

追記

アップルが処理速度を意図的に低下させるようにしていたことを受けた余波で、旧モデルが2018年末までバッテリー交換を格安で可能になりました。
お得な施策はぜひ利用しましょう。

スポンサーリンク