年金の繰り下げ受給はあり得ないほどお得~長生きすれば

年金を増やす

老後の生活基盤は年金

年金は全ての人の悩みの種

生きていれば一生ついて回るのが年金の問題です。

若い現役世代にとっては、払うだけ払って自分が受け取るときには水準が相当引き下げられることが確定、制度が残っているかもわからない…
もうすぐ受け取る世代は、働き方・仕事の就き方と受給額・受け取り時期を模索中…
既に受け取っている世代は、マクロ調整スライドで年金が増えない、もしくは年金が減ることで生活を切り詰める必要に迫られる可能性…

これらは基本的に全て従来政権の責任です。
財源がない中で選挙対策で給付額を増やし、物価の下落で本来給付水準を引き下げるべき時に据え置き。
全て選挙対策です。

身の丈に合った制度にしていれば、過度に公的年金に頼ることともなく自助努力で準備したでしょうし、将来世代にツケを残すこともありませんでした。
そうはいっても、背に腹は代えられないので対策を考えます。

現在公的年金は基本的に65歳から受け取ります。
特別支給の老齢厚生年金を除けば。
そして、その特別支給の老齢厚生年金も男性で昭和36年4月2日生まれ以降、女性で昭和41年4月2日生まれ以降はありません。

巷ではこの65歳からという制度も早晩引き上げられるという噂もありますが、ここでは触れないで置きます。

年金は受取開始時期の違いで受取額が変動する

ご存知の方も多いでしょうが、この65歳からというのは実は変更できます。
というのは、年金は60歳~70歳の間に裁定請求書を使い請求しなくてはなりません。
そして、その請求時期で受給水準が増減するのです。

1か月早めれば1か月ごとに0.5%減り、1か月先送りにすれば1か月ごとに0.7%増えます。
そして、その増減した水準が一生続くのです。
ちなみに、60歳で貰い始めれば基本金額の約30%減、70歳で貰い始めれば約42%増しです。
70歳で貰い始めた場合、65歳から貰い始めた人を81歳で追い抜き、その後は差が拡大する一方です。
一方で、早めに貰い始めればカツカツの生活が一生続きます…

尤も、繰り下げ受給するにはその間も働いて収入を得るか、貯蓄を取り崩すしかありません。
繰り下げ受給できる人は職がある、もしくは貯蓄がある場合ですから、高齢者間の格差も拡大します。

また、税金や社会保険料への影響も考慮する必要があります。
所得水準が上がると負担も増えますので。

知っていると得すること

前提は長生き

運用と考えればものすごいリターンです。
但し、大前提は長生きすることです。
自分の寿命は自分でもわかりませんから大いなる賭けですが…

おまけ

それにしても、年金というのは付加年金にしても今回の繰り下げ受給にしても、知っている人だけが得をするという制度なんですね…
大事なお金の話ですからアンテナを高く張り続けましょう。

付加年金は1号被保険者(国保加入者)に超お得で超オススメ
国民年金の保険料を免除・猶予されていない1号被保険者は、付加年金加入が絶対お得。支払った金額を2年で回収でき、その後も受け取り続けることになる。ホントはもっと毎月の支払金額を増やしてほしいけど、そんなことしたら恐らく財政が破たんする。
経済一般
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
投資収益で温泉地リゾートに移住したい