Windowsアップデートに伴いテザリングで一日に6ギガ以上モバイル通信

スマホでテザリング

ADSLから格安simに変えて通信費を大幅に節約

私の親は田舎で暮らしています。
普通にPCを使いますが、そこまでヘビーユーザーではありません。
以前はADSLのヤフーBBを使っており、月額3,000円強を支払っていました。

但し、4,5年程前から格安simが台頭してきたこともあり、simフリースマホをプレゼントして格安simを使ったテザリングを導入することにしました。
テザリングでPCをネットにつなげるのです。
家族間の通話も、スマホのトークアプリを使い無料です。
出費が月額1,000円程と大幅に安くなり喜んでいました。
通信容量も、当初の月間1ギガから現在は3ギガまで増えています。

私もアプリを使って異常が無いか時々見ていますが、3ギガを使い切ったことはなく毎月のように繰り越していました。

Win10クリエーターズアップデートが原因

ところが、先日久し振りにアプリでチェックすると一日で6ギガほどを使い切り、更に低速モードでも300メガほど通信していたのです。
驚いて連絡すると、どうやらPCのWin10でアップデートが自動的に行われたようです。
クリエーターズアップデートです。

配布から4か月が経ち、自動的に降ってくるようになったみたいです。
私は手動でアップデートしました。

クリエーターズアップデートを手動でやった 4月に始まったWindows10のクリエーターズアップデートに関してです。 私が保有するPCの内で3台がWindows10であり、更にその内1台の...

それにしてもOSアップデートで6ギガとは…
もしかしたら、一発ではうまくいかずに何回かリトライをしたのかもしれません。

しかし、高速の容量を使い切ったことは事実ですので、月末まで低速モードとなります。
尤も、viberでは普通に通話ができたので、不便を感じるのはPCやスマホでHPを見たりする際に遅く感じる程度でしょう。
ユーチューブは少しの間我慢してもらいますが…

そう考えると、アプリを使った通話というのは大幅にデータを圧縮しているんだと、改めて感心させられます。
素晴らしい技術ですね!

スポンサーリンク

シェアする