スマホ証券ワンタップバイは夏時間朝9時頃までの購入単価が高く注意が必要

ワンタップバイで米株取引

最近米株がやや不安定な動きをしていますが、それでも押したら買いたい人が多いようです。
私もその一人です。
スマホ証券ワンタップバイを使い、コツコツと買っています。
まとめて買うか悩んでいる最中です。
まとめて買うなら、手数料が安くなるSBI証券などの他ネット証券を使いますが…

ワンタップバイでは時間外でも価格が動く

8/3付ワンタップバイでは価格の癖に注意!で投稿した通り、ワンタップバイでは米株の取引時間外にも売買が可能なものの、市場外で相対取引となるため価格が動きます。

特に最近は前日のNY相場を確認した後に買いから入る人が多いようで、通勤時間帯にあたる朝8時頃に買おうとすると、上乗せ幅が通常の手数料に当たる「引け値+0.7%」を大きく上回る値付け状態が続いています。

ちなみに8/18の場合、コカ・コーラのNY引けは45.86ドル、+0.7%で46.18ドル。
一方、8時頃に買おうとすると46.57ドルで+1.55%…
同様に、P&GのNY引けは92.07ドル、+0.7%で92.71ドル。
一方、8時頃に買おうとすると93.35ドルで+1.40%…

土曜日など休日もスプレッドが拡大する傾向があります。
市場外でカバーを行いにくいからしょうがないけど…

少し時間を置くと

しかし、8/18も9時頃にはコカ・コーラは46.18ドルで+0.7%、P&Gに至っては92.57ドルで+0.54%に下がっていました。

ドル円が上昇していたら効果は打ち消されますが、少し時間をおいてみるのも手かもしれません。
尤も、米株をはじめとした地合いが変われば、この傾向も変わるかもしれませんが…

スポンサーリンク