株式先物取引にはクロージングオークションという魔の5分間がある

危険

私は株式先物取引をメインにデイトレをしています。
と同時に、現物取引でもデイトレをしています。

クロージングオークション

二つの商品間の大きな違いに、クロージングオークションの有無があります。
先物にはクロージングオークションというものがあるのです。

これは、日中取引では15時10分から15時14分59秒の間、注文は受け付けるのですが決済されず、その時点で存在する有効な注文が15時15分にまとめて一括で決済されるのです。
要は、その間はポジションを閉じられないのです。
まあ、現物でいえばお昼休みみたいなものですが…

しかし、たった5分間と侮ることなかれ!
そもそも引け際は値が動きやすいこともあり、直近1年でいうと昨年の12月に日経225先物で90円動いたということもありました。
閉じられない5分間に90円も値が飛んだのです…
どんなポジション調整だったのか…

5分間なら短いので閉じないという人も多いと思います。
しかし、油断してその間に地震やとんでもないイベントが発生したら、結構恐ろしいことになり得ます。
まあ、それが嫌ならちゃんと前もって閉じておけばいいのですが…

私の場合は、自分で作成したモデルに15時15分の大引けで閉じるものがあるので仕方ありません…

クロージングオークションへの対策

一応イベント対策、システム障害対策として、岡三オンライン証券のクリック株365をいつでも取引できるようスタンバイしています。
何事も最悪な事態に備えて慎重に行きましょう!

スポンサーリンク