楽天ペイと楽Payは全くの別モノなので要注意

REIT主力銘柄が冴えない理由は金融庁にあった~官製下押し相場

REIT相場下落は金融庁による官製相場も一因

当ブログでは、普段からREIT・不動産市況について良く取り上げています。
景気の温度がわかりやすく、且つ景気への波及効果も大きいからです。

REIT相場は金融庁による官製相場化している

REIT相場の低迷が続いている

直近なんとか下げ止まっていますが、REITの年初来パフォーマンスには酷いものがあります。
REIT相場全体も酷いのですが、とりわけ日本ビルファンド(8951)、ジャパンリアル(8952)、ジャパンプライム(8955)などの主力銘柄のパフォーマンス悪化が際立っています。

そうした中、本日の日経新聞朝刊マーケット欄に、

REIT「官製相場」第2幕

と称し、金融庁の影響でETFにシフトしていることが原因の一つとの記事が掲載されています。

内容としては、REIT全体の2割を保有すると言われている地銀に対し、REITが保有する物件調査をちゃんと行わないままの個別銘柄投資をしないよう、金融庁が圧力をかけているというのです。

当局リスクで旗艦REITが苦戦

ご存知の通り、REITは多くの物件を保有しリスクを分散しています。
大型REITになればその株は数十にものぼり、所在地も全国にわたります。
人的資源に限りのある地銀では、その全ての実地調査を行うなど不可能です。

そのため、個別銘柄投資を諦めインデックスなどのETFにシフトしているというのです。
結果として、それまで優良銘柄として黎明期からある時価総額の大きい主力銘柄を売却し、ETFを通して今まで目も向けなかったような小型銘柄を買う動きにつながっているのです。

大規模・高格付銘柄のパフォーマンスが軒並みさえない中、小規模・低格付や無格付銘柄のパフォーマンスが良好です。

REITのリスクは金融庁か?

毎月分配型ファンドを目の敵にした結果、資金流出が発生しREITから資金が逃げ出している。
更に、地銀への圧力で主力銘柄のパフォーマンスが冴えなくなるなど、REITは金融庁の意向に支配されているようです…