地方議員の議員年金が復活するけどその前に自助努力でしょ!

地方議員の議員年金が復活

 地方議員の議員年金が早くも復活

議員年金の存在が悪ではなく、優遇制度が悪

批判の多かった議員年金が廃止され数年が経ちましたが、もう復活のようです。

そもそもなぜ廃止されたのかと言えば、あまりにも優遇されていたからです。
地方議員を12年勤めれば受給権が得られたのです。
当時、一般のひとが加入する国民年金は25年加入しなければ、受給資格はありませんでした。

国会議員に至っては10年で受給資格を得られ、国庫による負担も超絶に優遇されていました。
ちなみに、10年国会議員をやれば最低でも年額400万円以上支給されました。
そのため、当時の民主党の菅直人氏などをはじめとして、国民年金に加入せず議員年金だけに加入していた議員までいた始末…
更には10年を超えるように衆議院の解散時期まで調整していたし…

結局、国会議員年金・地方議員年金は廃止されましたが、既に受給している人たちには継続して支給されています…

まずは自助努力も厚生年金ならやむを得ずか

とはいっても、個人的には今回の復活はやむを得ずと考えます。
まずはiDeCoなどの自助努力で解決することが先決ではありますが、法改正で国民年金の受給資格が10年に短縮されていますし、復活する年金も厚生年金だからです。
議員も自治体に雇われているとみなしてもいいのではないでしょうか?

これを機に政治資金の透明性を高めましょう

但し、厚生年金では半分が税金から支出されます。
年間負担額は200億円にのぼるとみられています。

財政に負担をかけるのですからその分議員たちは余計に仕事をすべきですし、今まで以上に経費の透明性を高めるのが当然です。
未だに経費を前渡金で渡して、余ったら返金する制度まで残っている自治体もあるくらいですから。

一般国民に負担をかけることになるのですから、これを機に全ての領収書・政治資金を、1円からネットで公開する制度を始めるべきではないでしょうか?
そもそも、表に出したくないお金を税金で賄うのはおかしくないですかね?

領収書にしても大した手間ではないですよ。
1日10分費やしましょうよ!

スポンサーリンク