1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

格安simの通話料が高いと思ったらG-Call~通話料金が半額

携帯電話での通話 安く G-Call

2019/3/8に実施されるandroidアプリのアップデートで、発着信履歴の表示内容が変わります。
これまではandroid標準電話アプリの発着信履歴もあわせて表示されていたものの、今後はG-Callアプリでの発信履歴のみに。
Googleの権限ポリシーに従うようです。
不便にはなりますが通話料半額には変わりなし!

UQモバイルを利用中

UQモバイルの無料通話分無しプランを契約中

私は現在auのサブブランドであるUQモバイルを利用しています。

UQモバイルにMNPしたぞっ!~朝夕・お昼の爆速通信速度に感動
mineoの昼時の通信スピードの遅さにMNPを決意。転出期はUQモバイル。APNを変更設定も全く通信できず。サポートに電話もダメ。一回機内モードにししてもダメ。結局端末を初期化。そもままではダメで、一回機内モードにすると通信可能に。爆速通信に感激。

このUQモバイルに限らずドコモなどのキャリアは当然として、現在では楽天モバイルなどの多くの格安simで、何度でも5分かけ放題などのプランがあります。

しかし私はかけ放題プランではなく、あえて無料通話分を含まない「データ高速+音声通話プラン税抜1,680円」で契約しています。
なぜなら、現在頻繁に電話をかける相手とはviberやLINE、facebookメッセンジャーなどの機能に含まれる無料通話を利用しているため。
090で電話を発信する機会がめっきりと減少しています。

IP電話も活用中

どうしてもSNSアプリ以外からかける必要があるときは、NTTコムの050プラス(IP電話)を使っているので、090を使うのは0120のフリーダイヤルにかけるときくらい。
これにより随分前に固定電話は解約しました。

最近増えてきた0570の有料ナビダイヤルの場合は高いので、殆どの場合に併記されている市外局番の固定電話に、あえて050プラスからかけています。
固定電話宛なら3分9円ほどなので。

携帯の通話料金が高いからG-Call

G-Callはいつでも通話料金半額

但し、それでもどうしても090からかけなくてはならない事態も想定し、
G-Call
を契約しています。

G-Callを契約したのは随分と前になりますが、まだドコモと契約していた頃だったと思います。
ガラケーの頃は無料通話分で対応できていたのですが、当時スマホにしてからは無料通話分が無くなってしまったためです。

G-Callの特徴

このG-Call、何がいいかと言えば、
キャリアや格安simが通常30秒20円のところ、半額の30秒10円。
基本料金が無料。
かけるときは電話帳も使える専用アプリからかけるだけ。
普段使っている090の発信者番号も通知される。
など。

特にの基本料金無料はありがたいです。
なぜなら、普段あまり使わないので12か月の内で請求が来るのはたったの1~2か月ほど。

格安sim契約者こそG-Callを検討すべし

もし格安simを契約していて、且つ通話し放題プランを契約していないとか、通話し放題プランを契約していても元が取れるほどそんなに利用していないならば、検討してみてはどうでしょう?
基本料金がタダですから。

もちろん一回当たり5分や10分の無料通話分を超えて、長時間発信するヘビーユーザーも検討する価値があると思います。
通話料が通常の半額ですから。

自分の使い方に合わせてシミュレーションしてみては?