1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

トヨタがEV専業の米テスラ株を売却していた~見捨てられたのか?

EV

トヨタと米テスラが決別

ネットニュースを見ていたところ、日経オンラインで気になる記事を見つけました。
トヨタがテスラモーターズの株式を売却していたのです。

ご存知の通りテスラモーターズはアメリカのEV専業メーカーで、富裕層を中心にものすごい人気を誇っています。
今年4月にはGMを抜いてアメリカで時価総額最大の自動車メーカーとなり、昨日時点の時価総額は557億ドル。

トヨタとテスラモーターズは2010年に資本業務提携し、トヨタはテスラモーターズの株式を3%保有していました。
しかし目に見えて提携が進展することもなく、株式売却によりその提携も終焉を迎えたようです。

トヨタはこれまでハイブリッド技術を軸に、最近は水素で走るミライを発売しています。
しかしハイブリッドがエコカーとして優遇されなくなると共に、現在は世界的なEV化の流れに独自性を見出せない状況です。
そうした中でEVの雄であるテスラとの提携が幕を閉じたのは、
「トヨタが見捨てられたのではないか」
との感じさえします。

アメリカではアップル、アマゾン、フェイスブックなどIT関連株が時価総額で上位を占め、更に既存企業との差を広げています。
トヨタも時価総額でテスラに抜かれる日が来るのかもしれません…

ちなみに今回の資本業務提携とその解消に伴いトヨタは500億円規模の売却益を得たようです。
尤も、逃がした魚はそれ以上に大きいのかも…