1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

マイナンバーを登録しないと2018年のNISA枠が失効する!

NISAとマイナンバー

 

NISA枠継続にはマイナンバー提出が必須

今朝の日経新聞WEB版に気になる記事が掲載されています。
日経電子版の会員なら全文読めますが非会員では一部のみです。
無料会員でも月間10記事を全文読めますので、よく使う方は登録すると便利です。

本題です。
記事の内容は、

今年2017年9月末までにNISA口座を開設している金融機関にマイナンバーを届け出しないと、NISA口座が失効し非課税特典が無くなる。
原因は継ぎはぎだらけの政策と関係者の認識の甘さ。
金融当局、金融機関共に、積極的には対策をしていない。
およそ1,000万口座あるNISA口座の内で、マイナンバーが登録済みは半分以下に留まる。

です。

そもそもNISAは売却益・配当などの10%への軽減税率廃止の際に、妥協の産物として4年間の制度として設計されました。
その後紆余曲折がありその先も存続することになったのですが、一から口座を開設するのは面倒ということで、マイナンバーが出来た際に2017年9月までに届け出れば継続可能の制度に。

一方、もともと証券会社には2018年末までにマイナンバーを届け出る必要があり、マイナンバー届け出期限が2回存在。
それを「金融当局・金融機関双方がよくわかっていなかったため告知がほとんどされなかった」ということのようです。

2017年9月を過ぎると手続きが面倒

理由はどうあれ2018年以降もNISA口座を存続させるためには、2017年9月末までにNISAを開設している金融機関にマイナンバーを届け出る必要があり、届け出しないと特定口座などにぶち込まれます。

ちなみに私は今年からSBI証券にNISA口座を移した際、旧の証券会社とともにマイナンバーを届け出る必要があり完了しています(ホントは届け出したくなかったけど)。

手続きはお早めにー!