スマホ証券ワンタップバイで絶賛米株投資実施中!

米株投資はワンタップバイ

私は、米株投資にワンタップバイという証券会社を利用しています。
理由は、手数料水準と買付方法が少額の米株を買うスタイルにあっているからです。

ワンタップバイの手数料

手数料水準は、米株取引時間中は直近価格の0.5%、それ以外の時間は最終価格の0.7%です。
購入金額が大きくても小さくても手数料は一定比率です(但し、米株時間外取引が行われている時間帯は更に手数料率が上がる場合あり注意。)。
加えて、為替の手数料がリアルタイムのUSDJPY±35銭です。

但し、ワンタップバイのポジション状況により、売買手数料は上下します。
買いたいときにワンタップバイのポジションがひっ迫していると高く、逆の場合は安くなります(要は取引所を通じた取引ではなく、相対取引だからです。)。

私が買おうとした時も、+1%を超えているときもあれば、逆に取引時間外にもかかわらず大引け価格を割り込んでいた時もありました。
これってどうなの?と思う方もいるでしょうが、これだけ見れば

はっきり言って高いです。

それではなぜ使っているかといえば、前記の通り少額を買うという投資スタイルにあっているのです。
また、米国株式市場で時間外取引が行われている時間帯はスプレッドが拡大する傾向があります。

ワンタップバイで米株を積立購入中 私は過去何度か投稿してきた通り、ワンタップバイを使い米株を少額ずつ積立投資しています。 ワンタップバイの記事一覧はこちらです。 今年の1月から千円単位で購入...

手数料以外の利点

積立で米株を少額ずつ購入したい

自身のアセットアロケーションを構築する際に、保有資産の一部で米株を買っていこうと考えたときの答えが、

積立です。

ということは、少額ずつ同額ずつ買っていくドルコスト平均法になります。
ちなみに、iDeCoでは海外株・米株をインデックスで買っており、今回の分はその追加分として買っています。

最もポピュラーなのは投信を買っていく方法です。
しかし、インデックス型投信でも当然ながら信託報酬がかかります。
次に、インデックス型のETFです。
売買コストは低めですがこれまた当然として信託報酬がかかることに加え、(ここからが重要です)売買は株数指定であり金額指定では買えません。

次に、個別株に注目しました。
米株の個別株は、結構少額から買えるのです。
個別株なら信託報酬も不要だし!
といっても一回数万円程度しか買わないのであれば、とてもじゃないけどうまく毎回同じ近似値になるような買い方はできません…

ワンタップバイは金額指定で買える

どうしたものかと考えていたところ、昨年ワンタップバイが開業したのです。
その当時の特徴が、

1万円単位で買える。
現在は1,000円単位で買えます。

要は、金額指定できるのです。
小数点以下5桁までの端数を伴って(相対取引だからこそなせる技)。
これには飛びつきました。
しかも、少し手数料は高くなるものの米株の取引時間外にも取引できるのです。

他証券会社の手数料水準

大口ならばお得な他ネット証券

ここで、他の代表的なネット証券の米株売買手数料の水準を見てみましょう(いずれも税込み)。

SBI証券・マネックス証券・楽天証券
約定代金の0.486%
上限21.6ドル、下限5.4ドル。

楽天証券
1,000株まで27ドル
1,000株超は1株につに0.0216ドル
(あと、為替の手数料が別途必要)。
ちなみに、取引金額で場合分けした表がマネックス証券の米株取引手数料のページに載っていました。

SBI証券、マネックス証券でみてみると、
要は、5.4ドル÷0.486%=1,111ドルの約定代金 までは、一律5.4ドル
それ以降は約定代金×0.486%
但し、21.6ドル÷0.486%=4,444ドルの約定代金を超えると、一律21.6ドルの頭打ちとなるのです。

一回につき4,444ドルを超える金額で売買するならば、金額が大きくなればなるほどSBI証券、マネックス証券・楽天証券は超絶に割安になるようです!

少額だと割高な他ネット証券

一方で、想定している1回1銘柄あたり「100ドル程度」で見てみると、当然ながら下限の5.4ドルです。
これは、100ドルに対して5.4%です。

高っ!

更に、当然として金額指定はできませんので、ドルコスト平均法が成立しません。
結局残されたのは、ワンタップバイを選ぶことしかなかったのです。
というよりも、ワンタップバイがあって良かったー!

最低取引額引き下げ

更に、2017年に入ってうれしいサプライズがありました。
何と、一回あたり1,000円から売買できるようになったのです!これで、例えば「毎週数千円ずつ決まった金額で買う」なども可能になりました。

あとは、配当金を自動的に再投資してくれればいいのに!

現状は、一旦米国で源泉徴収された後に円転され、更に国内の源泉税が課されます。
残った配当金を円投して再投資すると、為替一往復分が無駄になります。
米ドルのまま再投資してくれれば源泉税は変わりませんが、為替のコスト増は回避できます。

手数料の定額制も始まっています。

スマホ証券ワンタップバイで米株絶賛積立中 ワンタップバイで米株を積立購入 これまで私は自分の資産に占める預貯金の割合が高かったのですが、数年前から徐々にリスク資産の割合を増やしています。 但...

投資は自己責任ですので、慎重に慎重を重ねて熟考してください!

スポンサーリンク