株式トレード用PCの変遷~使い勝手向上にはSSDへの換装が必須

トレード用PC

トレードをするうえで絶対必要になるのがPC環境です。
そのPC環境の変遷を紹介してみたいと思います。

その前に、まずは現在の環境ですが、
ブラウザ、メール、サブ取引、情報表示用に、自作PCとモニター3枚
メイン取引、情報表示用に、自作PCとモニター3枚
Excelスプレッドシートでのポジション表示用に、自作PCとモニター1枚
非常時用に、ノートPC1台
です。

また性能に関して言えば、SSDを搭載していればCPUはPentium Dual Coreでも十分に使える気がしています。
もちろん高性能ならばいろいろとストレスはないでしょうし、証券会社のツールによっては最低・推奨スペックを満たす必要があるでしょうけど。

私のPC遍歴

それでは、これまでのPC遍歴です。

NEC PC98NX

金融機関支店勤務時代に、Win95が発売されたのを機にPCが欲しくなり購入。
確かMMXPentiumというCPUでOSはWin95、ブラウン管モニター付きで20万円近くしました。
ボーナスから充当しましたが高い…

プライベートブランドのノートPC

家族用に買いました。
確か、高木産業というところのパーパスというブランドだったような…
CPUはセレロン、OSはWin98だったと。
これも20万円強しました。
それでも、大手PCメーカーだと30万円近くしたような…
今だと4万円のイメージのPCがこの値段です。
技術革新ですね。

サイコムブランドのショップPC

前記①のPCはWin95だったのでOSが不安定。
OSの安定性を求めWin2000を検討し、なるべく安くあげるために初めてショップPCを購入。
確か、CPUはAMDのアスロン1Gヘルツだったような。
10万円強で済みました。

これは長く使いました。
OSがWin2000になり、ダウンしにくくなったのが長く使った理由です。
それでも度々ダウンしており、搭載されていたメモリに問題があったと後にわかるというオチもありました。
メモリを増設するために乗せ換えたら全く落ちなくなったからです。

自作PCを3台ほど

ここからがトレード用PCです。
そもそもなぜ自作かといえば、まず安いことです。
それからパーツのカスタマイズを行い易く、特にマルチモニター化するために必須のビデオボードを増設しやすかったからです。
但し、パーツの組み合わせにより起動しなかったり、不安定になったりすることも多々ありました。

相性問題ってやつです…

それでも、ナショナルブランドよりもパーツの流用を行いやすく、ショップブランドよりも安く仕上げることが出来るために、よくPC雑誌を読み込みネットで情報を収集。
秋葉原にもちょくちょく買いに行ったり、不要になったパーツを売ったりもしていました。

自作したPCは最初は安さを求めてAMD製のCPUを良く使いましたが、その後はトレード中のより安定した環境を追求するためにインテル製のCPUを使っています。
その間にOSもWinXPやVISTAを経由してWin7を長く使いました。

Win7は2011年くらいから使っていたと思いますが、極めて安定していたと思います。
難点は、それまで使っていたOffice2000を使えなくなったことでしょうか?
楽天証券や岡三オンライン証券のRSSを使うためにはOfficeが必須なのですが、Win7になった途端にOSの制約でOffce2000を使えなくなってしまったのです。

これは痛かった…

PC4台分でOffice2007を4パッケージ買いました。
アップグレード版だけど。

現在の環境

最初に書いた通りデスクトップ型で3台使っています。

1台目(ブラウザ、メール、サブ取引、情報表示用)

これが最も新しく、Pentium Dual Coreを使っています。
実は、Win7からWin10に無料アップグレードした際に稼働しなくなり、慌ててパーツを買ってきて組みました。
Coreiでなくても普段は全く問題ありませんが、ブラウザで一度に複数のタブを開く時はさすがにイラっとします。

2台目(メイン取引、情報表示用)

これは6年ほど使っています。
CPUはCorei3です。
その当時、漠然と取引用にはCoreiのほうがいいかなと思い、ちょっと贅沢しました。
6年経った今でも全くのストレスフリーで不具合もありません。
まあ、今となっては省電力性能や処理性能で相当に劣っているのでしょうが、それでもCorei3ならいいかなと思い使い続けています。

3台目(Excelスプレッドシートにポジション表示用)

これは7年ほど使っています。
Shuttleのベアボーンで、CPUは何とLGA775という古いソケットバージョンです(安く仕上げるために、当時としても古めのもので組みました。)。
調べてみると、このベアボーンが発売されたのは2007年でした。

この業界で10年前といえば驚愕的に昔です。
初代iphoneが発売されたころです(初代は日本では発売されていないし。)。
それでも十分に働いてくれています。
まあ、電力は食っているでしょうが…

ノートPC(非常時用)

AcerのAspireというモデルで、東日本大震災後に停電対策として買いました。
そのノートPC、何とCorei5が搭載されています。
それでも、確か4~5万円だったと思います。
当時はあまりPCが売れずに部品も安く、今と比べると相当に割安感がありました。

SSDへの換装で一気に使いやすくなる

最初にも書きました通り、ここで重要なポイントです。
もちろんCoreiシリーズなど速いCPUもありますが、遅いCPUを今でも使えているのは、

全てのPCにHDDではなく、SSDを使っているからです。

SSDにすると、それこそPC起動時やアプリ起動時、ファイル読み込み時などで歩きと自動車くらいの体感速度の違いがあります(ホントか?)。

今もHDDを使っている人は、ぜひSSDに換装することをお勧めします。
SSDも安くなっていますし、引っ越しソフトも含めていろいろと簡単にできるようになっています(それでも、バックアップは必ず取りましょう!データが飛んでしまったら、立ち直れません…)。

自作PCでいろいろといじってきましたが、最近はDELLやHPなどに加え、台湾メーカー製やショップブランドも随分と安く発売されています。
ビデオカード等の拡張性も改善されてきているので、次はできたのを買おうかな?
いじる楽しみが消えちゃうけど…

スポンサーリンク

シェアする