iDeCo移管に伴うスイッチングが一部完了~下手くそすぎた

iDeCoのスイッチング

今週月曜日に、伊東の別荘を買う(買うことを検討する)内容の番組が、日本テレビで19時から放映されていました。
すごい豪華な別荘も相当に安く(それでも高いけど…)売りに出ており、やはり別荘は自宅用とは対象のマーケットが違うことを痛感しました。

安く買える一方、売る際は相当に苦労するようです…

iDeCoの待機資金を一部リスク資産にスイッチング

やっとのことで一部をスイッチング

さて本題です。
2月23日に資産がSBI証券運管に移換され、2月28日に実施したDC資産の一部スイッチングの結果が出ました。
2月1日、2日の基準価格で売却(正確には旧運管で売却)したうえで、3月3日、6日の基準価格で購入しています(これまでの経緯は過去の投稿をご参照ください。)。
結果は、

グッドオペレーションは国内REIT型ファンドのみ。

それも、投資割合はほんの数%なので、誤差みたいなものです。
その他の資産セクターは全てダメオペレーションなのですが、中でも海外株ファンドのダメなオペレーションが目立ちます。

先進国株式ファンドが▲4.2%、米ダウ型株式ファンドが▲6.5%です(要は、その間わんわんぶんぶんの資産が現金で放置されている一方で、基準価格が上昇している。)。

凹む…

まあ、トラッキングエラーが大きくなるとわかり急遽一部ETFを買っていたのですが、それでも出遅れ感は相当に大きくなりました。
ちなみに、一切ヘッジをしなかった国内株ファンドや、海外債券系ファンドなども軒並み負けているのですが、これらは海外株系と比較すると負けの程度が相対的に小さく、スイッチング額全体でみると、

それぞれの金額の割合と勝ち負けの程度を金額荷重平均し、(もし、2/1から持ち続けていたらと比較し)▲2.8%となりました。

負け割合の小さかった海外債券型ファンドの額が結構大きかったので、海外株ファンドのみよりは若干負け割合が小さくなりました。
それでも、凹みます。

スイッチング未済資産が残ってしまった

さて、今回スイッチングしたのは移換した資産の内の一部であり、当然ながら相当割合が定期預金としてスイッチング待ち、要は放置されている状態です。
今月15日のオランダ総選挙を皮切りに、イタリア総選挙、フランス大統領選挙、ギリシャ債務返済期限到来、ドイツ総選挙と、今年は秋にかけてヨーロッパで政治イベント中心に結構いろいろなことが起こりそうなので、今のところは少し様子を見ようかな思っています。

機を見てスイッチングしていく予定ですが、なにせ私には相場観があまりありません。

どうしよう、困った…

iDeCoで買いたい商品がない時の対処法

旧運管で拠出していた新興国株式ファンドですが、SBI証券運管では投資したいファンドが無かったため、SBI証券でNISAと特定口座を利用し投信積立をやっています。
SBI証券の投信積立では購入指定は毎月一回なのですが、NISA・特定口座でそれぞれ一回ずつ指定できるので便利です。

なぜ、NISAと特定口座に分けているかと言えば、来年からは新制度となる積立NISAを利用する予定だからです(20年間非課税の制度はデカイ!)
20年あればいくら変動が大きい新興国株式ファンドでも何とか上がっていると希望的観測を持っていますが、現行NISAの5年間では大きく下げると浮上しない可能性があり、5年経過時にその時の時価で特定口座に放り込まれ、税制上不利になる可能性を考慮したからです。

上がっていればいいのですが、下がったときのリスク回避策として、税金はかかりますが一部特定口座にも割り振っています(特定口座なら、下がったとしても他資産と損益通算が可能。)。

そうそう、SBI証券運管で拠出出来る株式ファンドですが、ちょっと紛らわしい名前のものがあるので注意しましょう。

ニッセイアセットの日経225インデックスファンド
末尾に「A」が付くものと付かないものがあり、信託報酬の水準が違う。

ニッセイアセットの国内REITインデックスファンド
末尾に「A」が付くものと付かないものがあり、信託報酬の水準が違う。
他にもあるかもしれません。


末尾にアルファベットが付くのは、低信託報酬化した新ファンドで、追加でラインナップに加わったモノのようです!

スポンサーリンク