1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

伊豆の温泉別荘地に早く移住したい~毎日温泉三昧を夢見て

伊豆の別荘地

移住セミリタイア先は伊豆が第一候補

伊東市周辺を重点的に狙う

私は伊豆でのセミリタイアを真剣に考えています。
その為、土日に時間がとれると温泉・グルメがてらによく出かけて別荘地探索をしています。

そこで、重要なのがやはり場所選び。

最近、新聞やネットニュースなどで人口動態が報じられますが、伊豆はどの地域もほぼ例外なく今後人口が急減していきます。
そうなると、まず道路・水道・電気・ネット環境などのインフラ、そして医療に不安が募ります。

また、住民向けマーケットが小さいので例えば買い物や散髪など、普段何気無く受けているサービスも縮小均衡の流れに飲み込まれ、生活していくことがどんどん不便になっていく可能性が高まっていきます。

うーん…

全体的に厳しい環境下ですが、それでも相対的に温泉・海産物・観光名所などの観光資源が豊富で魅力的な伊東から伊豆高原周辺は、それなりに残っていくのかなと考えています。

急斜面の別荘地は暮らしにくい

もう少し南下すると高温の温泉が魅力の熱川温泉があります。
確かに別荘地も多いのですが行ってびっくり!

とにかく、山なのです。
斜面がすごい!

海沿いの国道やその旧道からぐおーんと車で登っていき、別荘地の入り口通過後もぐおーんと登るのです。
年を取ったら当然ですが、今住み始めてもキツイかなと。
前記の通り、高温で泉質も抜群な熱川周辺の温泉はすごく魅力的ですが…
他には西伊豆や中伊豆・南伊豆などですが、旅行するのにはいいとしても別荘地は無さそう…

やっぱり都心からの交通の便が良くないと、別荘地としては成り立ちにくいようです。
そういえば、伊豆の別荘地はどこも古くから開発されたところが多いようです。
私は別荘地での生活を展望していますが、やはり世の中的には都心、もしくは地方の中核都市の便利な環境で生活し、時々リゾート地に旅行に行くという人が多いのかな?

セミリタイアの移住先は温泉地に近く大き目の地方都市が最良の気がしてきた
移住先としてこれまでは温泉地リゾートを第一候補としてきたが、今後行政サービスが廃れたり別荘地の温泉事業が停止するリスクは増す。そこで温泉地が近いある程度の規模の地方都市も候補先に。賃貸物件に住むなら今すぐにでも可能なのでちょっと悩み始めた。

日本の人口が急速に減っていく中では、地方・リゾート地で生活するのは厳しそうです。

移住先は別荘地に限る!

これまでも度々書いてきていますが私は「リゾート地に住むとなると、
別荘地」と考えています。
地方への移住は地元住民とのふれあいとか交流が重要と言われるものの、どっぷりと溶け込むことが自分の性格上難しいため。

もちろん関心のある行事などには参加したいのですが、程良い距離を保つことが長続きする秘訣かなと。
別荘地は外からは干渉しづらいことから、自分の関心のあることを選んで関わっていくことが出来て最適だと考えています。
その分コストはかかりますが。
人との関わりが好きな方には選択肢も広がりますが、私は自分で選択肢を狭めてしまいます。

しょうがないか…
無理しても楽しくないし。

自分が楽しむために移住するのだから!

ちなみに、伊豆高原周辺の別荘地を訪れた際のことも当ブログで紹介していますのでご覧ください。

移住セミリタイア先候補の伊豆半島伊豆大室高原別荘地をご紹介
伊豆高原にある伊豆大室高原別荘地は、伊東市にある別荘地の中でも最大級の規模。管理費が安い一方で温泉使用料が高く、移住ランニングコストもやや高め。温泉に入るカピバラで有名なシャボテン公園に隣接している。別荘地内を路線バスが走る点が高ポイント。
移住セミリタイア先候補の伊豆半島イトーピア一碧(静岡県伊東市)
伊東市にある伊豆の瞳と呼ばれる一碧湖の南側にイトーピア一碧はあります。道路で東西に分かれていますが、東側のB地区は各敷地面積が300坪超えでセレブ感満載。A地区は坂が多いので、中心市を選ばないと足腰に大変。